スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
W杯がせまってきましたね
2010 / 05 / 25 ( Tue )

今回のW杯はぜんぜん楽しみじゃありません。

日本サッカー協会が10日にワールドカップ南アフリカ大会に
出場する日本代表選手を23名発表しました。

スポーツは結果がすべてです。
サッカーのような団体競技ではチームワークも必要になってきます。
そうなるとまとめ役が重要な役割を果たしてくるわけで、
そのポジションを川口に務めてもらおうという戦略なのですね。

今回選ばれた日本代表の23名も、上位23名を選んだのではなく

サッカーがやってるときはFX情報商材で勉強してました。


W杯は6月11日に開幕し、日本代表は今月の21日から始動するようです。
26日にはスイスのザースフェーに事前合宿に出かけ、
強化試合をこなした後に6月6日に南アフリカに入る予定だそうです。

そして岡田監督が“重要な試合”としたカメルーン戦は14日に行われます。

日本代表選びには岡田監督らしい“こだわり”が見えていました。
ゴールキーパーにベテラン川口を選んだ事も賛否両論あるようですが、
主旨を聞いて私は納得できました。

今度もロールケージが。


目指せ初戦突破!頑張れニッポン!!
そしてまた眠れぬ夜がやってくる予感がしています。


サッカーW杯の日本代表メンバーが決定、稲本潤一もブログで報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000066-scn-spo

岡田武史監督は目標のベスト4に残ることは変えていないと、
その為には1次リーグの突破が必須条件になるため、
一番重要なのは初戦(カメルーン戦)だと話しています。

来週は出産手当金 申請してみます。



どうしても見たいとおもわないので、テレビは買いません。
スポンサーサイト
14:18:37 | 日記 | page top↑
奈良矢鹿 容疑者の男女が起訴
2010 / 05 / 10 ( Mon )
鹿を傷つけて何してるんでしょうね。

まーーーーったくろくでもない!
写真見てもうーーーますます頭にきた!!
同じようにボーガンうちこまれたらいいのに。
だいたい、天然記念物の鹿を殺して売りさばいてやろう、
なんて考えが思い浮かぶあたりが異常。
加担した女も異常。
恋愛関係にあったのでしょうか?

まったく意味のわからない事件です。羽毛布団大好きッ子も同感です。


奈良公園(奈良市)の春日大社参道でメスジカが矢で
撃たれ死んだ事件で、奈良地検は30日、文化財保護法違反の罪で、
津市芸濃町、飲食店経営、稲垣銀次郎(39)と
三重県亀山市みずほ台の飲食店員、伊達恵(37)の
両容疑者を起訴したそうです。
地検によると、2人は起訴内容をおおむね認めているとか。

起訴状によると、両被告は共謀して3月12日夜~13日未明、
奈良市内の路上でメスジカを鉄製の矢で撃ったとしているとのこと。
奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、
貴重な動物なのですよね。

こういう人に関してはマルコでもだめです。


わたしだったら、まず止めるなー。
というかその前に、こんないかにも頭の悪そうな
アホな男とは関わりたくもありません。
あの自己管理のできていない体型!!
って、体質的に小食でも太ってしまう人もいるようなので
こんなことを書いたら失礼なのでしょうが、
まーもうとにかくイラつく事件ですね!!!

だめな人には電子タバコがいいですね。


「矢ジカ」容疑の男女を奈良地検が起訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000615-san-soci

鹿を殺して売りにいくなんて、原始的すぎて笑っちゃいますね。
10:36:30 | マルコ | page top↑
上海万博で中国人男性発明のロボットデビュー
2010 / 05 / 04 ( Tue )
上海万博はいきません。絶対に順番を割り込まれるからです。

上海万博に北京郊外に住む中国人の発明家、
呉玉緑さん(49)の作った自作ロボットが出展されるそうです。

発明は焼肉鉄板本舗でも使えるものでしょうか。


上海万博で世界に認められると援助を申し出てくれる企業も
出てくるかもしれません。
そうなると思う存分ロボットの開発ができるので、
上海万博での呉さんのロボットの評価が気になるところです。

呉さんのロボット作りは20年以上にわたるそうです。
徐々に呉さんの発明を理解してくれる人が増えたと言い、
その証拠に今回の世界的な万博に出展することが決まったわけです。

そのロボットは掃除機ランキングに入る予感です。


ただロボットの製作にも費用が必要になるわけで、
農民として生活している呉さんのご家族も資金のやりくりが大変だったとか。


良い意味でも悪い意味でも注目を集めている上海万博に、
穏やかな癒しの風を呉さんが起こしてくれるのか、
注目しておきたいと思いました。


中国のロボット発明家、上海万博で世界にデビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000205-reu-int

中国では呉さんは有名な発明家らしく(日本では聞いたことがありませんが)、
万博に寄せる思いなどをロイターのインタビューで答えてくれているそうです。

呉さんはこれまで47体のロボットを製作してきたそうです。
それもすべて独学でお茶を注ぐロボットやたばこに火をつけてくれるロボット、
絵を描いてくれるロボットなど様々なものがあるそうです。

参考:ビューティーローズ専門ショップ店長のつぶやき


中国は大国なので、これからいろんなことを期待します。
21:45:21 | 日記 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。