スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
アメリカでもペットとしてパロ発売
2009 / 11 / 11 ( Wed )
ペットは家族の一員だよね。

パロは日本生まれのアザラシ型ロボットで、
1993年に研究の成果として開発されたエンタテイメントロボットです。

しかも、このペットロボットはシステムトレード日経225先物が出来るそうです。

そのパオが今度ペット人気の高いアメリカで商業販売される事になりました。
ペットを飼いたくてもアレルギーや住居の関係で飼えない人にとって
アニマルセラピーの効果を持つと言われるパオは、
簡単に受け入れられるのではないかと期待されています。

がっかり、するぐらい優れた期待ですね次はバーチャルFXをさせてみたい。

老人ホームの慰問に大型犬を連れて行くと、
その部屋の空気が変わると言われるほど、
アニマルセラピーについてはその効果が期待されています。

「パロ」、米に癒やしお届け=アザラシロボ販売へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091109-00000077-jij-int

タテゴトアザラシをモデルとして、
約50個の単語の識別ができ、名前を付けてあげると
それに反応するようになり、
さらに声をかけたり撫でてやったりしていると、
約20種類の鳴き声で答えてくれるようになるロボットです。

参考:電子タバコ

うちにはペットとして犬を飼っているので、
その子にずいぶん癒されることが多いですね。
でもアレルギーがあって犬や猫が飼えない家庭には、
パオを飼うことで疑似体験ができて、良いと思います。

冬はペットをホッカイロウにしています。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

09:13:49 | 日記 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。